2013年12月29日

安倍総理の靖国参拝




安倍首相が靖国神社に参拝し、これについての批判的なコメントが
テレビや新聞にあふれているようです。


しかし、多くの日本国民は安倍晋三内閣総理大臣の公式な靖国神社の
参拝をよろこんでいます。


小泉政権のあと七年ものあいだ、総理による靖国参拝が
なされていませんでした。


国のために命をささげた英霊に感謝し、平和への誓いを
捧げることは、当たり前のことであり、これを妨害する、
中国や韓国やアメリカの態度は、ひとえに日本封じ込めの
悪意ある呪いです。


日本の周囲には邪悪な敵ばかりです。
尖閣と沖縄を狙う中国、竹島を奪い占拠している韓国。
北方領土と千島列島を返そうとしないロシア。
TPPで日本の富を食いつくそうと狙うアメリカ。


日本をとりまく邪悪国家達と日本は戦いぬき、
祖国防衛を全うするためにも、
日本国民が安倍総理を支えていかねばなりません。


しかしながら、道州制推進は阻止しなければなりませんし、
消費税増税はこれ以上してはなりません。
TTPにも参加してはなりません。
その方向になるように国民が力を尽くしていく必要があります。




日本が戦ってくれて感謝しています アジアが賞賛する日本とあの戦争

タグ:靖国参拝
posted by nipponia at 18:38| 安倍晋三