2011年07月14日

皇統は万世一系

【谷田川惣】皇統は万世一系である[桜H23/6/30]



小林よしのり氏の主張している女系天皇論を
ひとつひとつ丁寧に論破して、完全にその誤りを証明した本がでました。
本書に小林氏は反論できるのでしょうか。
posted by nipponia at 14:58| Comment(0) | 小林よしのり ウソ

2011年03月19日

小林よしのり氏の女系天皇容認論の誤りの三つのポイント

【小林よしのり氏の女系天皇容認論の誤りの三つのポイント】


【1】日本の皇室は、神武天皇を初代天皇とし、
今上陛下が第125代にあたるわけですが、
すべての天皇は、系図のうえで、父方をたどると、
神武天皇につながるという継承法則
(これを男系継承と一般的に呼称しています)
により維持されてきました。


これが皇位継承の不文律であり、文字に定められることなく、
慣習法として連綿と守られてきた皇位継承のルールです。
いま、皇室には悠仁親王殿下がおられ、
いずれ皇位につかれることは皇室典範ですでに決まっています。


これに異をとなえて歴史的慣習を破壊することを
小林よしのり氏が喧伝していますが、
もちろん許されないことです。


【2】第二に、神話を見ても、最初の男神であるイザナギから、
スサノオという男神が生まれ、その姉にあたるアマテラスが、
スサノオの産んだ男子であるアメノオシホミミを養子にして、


その子、ニニギノミコトが天孫降臨により高千穂にくだり、
ウガヤフキアエズノミコト、神武天皇と、
男系での継承が維持されて、
神武天皇に男系継承されて至っています。


この意味でもアマテラスは後の推古天皇と同様、
男系女帝としての中継ぎであったと考えるのが自然です。


なので、小林よしのり氏が主張するすべてアマテラスから
始まったという女系論は異様な説ということになります。


【3】第三に小林よしのり氏が女系天皇論すなわち
愛子女帝擁立のための皇室典範改正を喧伝しはじめることになった
きっかけは、渡辺前侍従長の「女系は陛下のご意思」


という発言に由来することが小林氏の作品の中で書かれていますが、
この渡辺前侍従長の言葉が実は完全なデマであることがわかっています。


渡辺前侍従長は「女系は陛下のご意志にあらず」
とはっきりと明言したからです。
つまり小林氏の論拠は完全に崩壊しているのです。



このあたりの事情は下記の動画に詳しいのでご覧下さい。



【新田均】さようなら小林よしのり ゴーマニスト宣言Part8[桜H23/2/3]

posted by nipponia at 19:36| 小林よしのり ウソ

2011年01月29日

「小林よしのり氏への弔鐘」渡部昇一

WILL3月号の記事、渡部昇一先生による
「小林よしのり氏への弔鐘」を拝読しました。
とてもわかりやすく明快に
小林よしのり氏の女系天皇論の誤りを指摘されて、
一般の人もこれで理解できたと思います。


そもそも皇室は、初代の神武天皇に系図の上で、
父方をたどれば必ずつながる方が、
皇位をつがれるのが慣習法でした。
この不文律をあえて無意味化しようと
小林よしのり氏は愛子女帝擁立を叫んでいます。


同じWILL三月号の連載漫画で、
この女系天皇論を満載した氏の「新天皇論」の売れ行きが悪いことを、
アマゾンのレビューに細工されたからだと言い訳している小林氏。
これは情けない言い訳です。


「新天皇論」が売れないのは小林氏のファンが離れたから。
その女系容認論の誤謬に多くの人が気づいたから。
それに他なりません。


WILLにおける渡部昇一先生の論文を小林氏はしっかりすなおに
読んで、自分の非を認めるべきだと思います。
そしてこれまで渡部先生たちを誹謗したマンガを書いたことを
謝罪するべきです。
それが武士道です。


すでに渡部先生だけではなく、別冊正論「皇室の弥栄、日本の永遠を祈る」
で、たくさんの学識者に論破された小林氏は、自分の論の誤りを
すなおに認めて、考えを改めて頂けたらと思います。


もともとは愛国心があった方なので、反省したら、また
正道に戻って精進されたらよろしかろうと思います。


posted by nipponia at 02:43| 小林よしのり ウソ