2016年04月30日

憲法よりも移民阻止が先、日本の危機

自民は今、移民ではないと言いつつ移民政策を進めています。
訪日中国人のビザ緩和を岸田外相がチャイナに伝達しました。
現在90万人もいる外国人労働者をその数倍に増やそうとしています。
その亡国の「移民でないと強弁する移民政策」特命委員会は自民党にあり、長は、木村よしお議員です。




憲法改正などもはや、できなくてもよいので、今すぐに、
自民のすすめる「移民でないと強弁する移民政策」を阻止しなければ、
日本はドイツやスウェーデンや欧州各国の二の舞になります。


2000万人の中国人移民はやがて国籍をとり、政治に参加し
日本を国内から侵略して、日本を滅ぼすことになります。


今、必要なことは労働鎖国であり、中国人を入れないことです。
「日本のこころを大切にする党」以外の政党は移民の危険性を認識していないようです。
「移民でないと強弁する移民政策」を断固として阻止し日本を守るほかありません。


移民亡国論: 日本人のための日本国が消える! (一般書)
posted by nipponia at 21:37| 間接侵略

2013年02月10日

テレビも新聞も敵国の支配下、間接侵略の実態

1/3【討論!】間接侵略の実態[桜H25/2/9]




今、日本のテレビ、新聞のほとんどは敵国の支配下にあるといっても
過言ではありません。


なぜならば、連日のアベバッシングを見ればわかるとおり、
日本の国がよみがえるよき流れをつくろうとする愛国内閣を、
その正反対の評価に貶めようと必死だからです。


そもそも今までの日本で起こっていた過剰なまでの円高とデフレは
そのまま韓国経済を押し上げ、中国経済を押し上げていました。


日本が円高とデフレで苦しんだこの十年で、もっとも繫栄したのは
韓国であり中国であったのです。


今、ようやく安倍政権が誕生し、この悪しき流れを意図的に
生み出した売国機関である日銀に圧力をかけて、
過剰な円高とデフレを解消するべく動き始めました。


その結果、自殺者を十五万人も生み出した経済不況の実行犯である
円高とデフレを維持するよう意図してきた白川氏が日銀総裁辞任を
表明しました。


国難が一つ去ったのです。
ところが、マスコミは、安倍内閣の批判や中傷に躍起になっています。
そうやってまで、中国と韓国に利益を供与したいというわけです。


新聞しか読まない人やテレビしか見ない人は、
NHKや朝日新聞、毎日新聞、TBSといった偏向マスメディアに
洗脳されています。


こうして国民を洗脳して、安倍内閣を阻止しようとしているのです。
しかし、ネットの発達により真実の情報を知る日本国民が増えつつあります。


日本への間接侵略はマスメディアにまず浸透しています。
沖縄などは特にひどい状態になっています。


日本国民にとって、真実を報道しているわずかな報道機関の情報を
しっかりと得て、マスコミにだまされないようにすることが大切です。
今こそ、日本を取り戻す時です。

posted by nipponia at 20:12| 間接侵略

2011年02月10日

北方領土だけでなく北海道侵略をロシアは狙っている

ロシアのメドベージェフ大統領は9日、
「北方領土を含むクリル諸島に武器を必要なだけ十分に配備する」
と述べ北方領土での軍備拡充を指示したそうです。
北方領土での近隣国との経済協力の重要性を強調しつつ、
「招かれるのは、そうした協力が自国への侮辱と考えない国だ」と。


ロシアがいかに礼節と道義がない国かこれで明らかです。
北方領土だけではなく千島も樺太も本来は日本領土です。
それを不義不正なる侵略で奪い取ったのがロシアではなかったか。
その泥棒行動を恥とせず、よくもぬけぬけとこんなことを言う。


【田久保忠衛】北方領土で今何が起こっているのか?[桜H23/2/7]



【北方領土】「暴挙」と言うが、それを招いた原因は?[桜H23/2/8]

タグ:ロシア
posted by nipponia at 02:20| 間接侵略